経口避妊薬ピルの服用法

 

ピルとのつきあい方HOME


ピルユーザーの妊娠(避妊失敗)が急増中?
ピルは正しく服用しましょう

日本で治療薬としてのピルは早く認可されていましたが、
ピルを避妊薬として認可することには大きな抵抗がありました。
厚生省(現在の厚生労働省)が渋々避妊薬としての解禁を行ったのは、
1999年でした。
避妊薬として解禁したものの、
厚生労働省は再び治療薬に逆戻りさせようと画策し始めます。
厚労省の意図が明確になるのは、2004年です。
この年、ピルのガイドラインを改正させ、
既存避妊薬ピルの半治療薬化を誘導しました。
つづいて、避妊薬として認可を受ける準備が進められていたヤーズを治療薬としての認可に変更させました。
厚労省はピルの治療薬化・半治療薬化には熱心ですが、
避妊薬ピルには関心がないかのようです。
1999年のピルガイドラインは欠陥ガイドラインでした。
厚労省の指導で2005年にこのガイドラインの改訂版が作成されましたが、
飲み忘れ対処法などは基本的に1999版が踏襲されました。
そのため、添付文書の記述も変更されていません。
ピルユーザーは自己防衛するしかない状態が続いています。
自分で勉強しなければ自分が守れない悲しい現実が日本にはあります。





<PR>12種の性病検査が自宅で簡単に


ピルを飲み始める前に
 正しく服用すれば避妊効果は、ほぼ100%
 「一般的な使用」の意味
 正しく使用するかしないかで、失敗率に10倍以上の差
 飲み忘れの頻度
 定時服用の重要性
 飲み忘れないための工夫
 ピル服用中のすり抜け排卵

いよいよピルを飲み始めます
 初日スタートピルかサンデースタートピルか確かめる
 食前?食後?
 生理初日からの服用開始
 生理2日目〜7日目からの服用開始
 中用量ピルの場合
 2シート目の服用開始へ


図説 ピルの飲み忘れ
 基本的な考え方
 半睡と完睡
 ピルを初めて飲むときの避妊効果
 休薬期間の延長
 服用第1週目の飲み忘れ
 服用第2週の飲み忘れ
 第3週の飲み忘れ
 理論と実際
 秘密の服用法
 14日ルールと7日ルール

ピルを飲み忘れた時(細心版)
 携帯版 ピルを飲み忘れたとき
 携帯版 YAS(ヤーズ)の飲み忘れ対応

飲み忘れ対応問題の国際的動向と本サイトの見解
 2004年WHO基準の特徴と背景
 各国の動向
 日本の状況
 本サイトの見解

薬物相互作用(ピルと他の薬をいっしょに飲むとき)

自分で守るしかない日本の現実−−ピルユーザー聡美さんの事例
 聡美さんは何を信じればよかったのか?
 「無駄になるだけだよ」のつぶやき
 つぶやきの主
 ネットで調べた情報
 「間違った情報」と名指しされている本サイト
 服用をあきらめた聡美さん
 3つの病院を回る
 フィクションより現実の方がもっと寒い
 聡美さんは諦めてはいけなかった
 行政=業界=学会ピルムラとNPO

ピルとのつきあい方HOME

 
 





このHPの著作権はrurikoにあります。無断転載及び画像の使用は禁止します。
Copyright(C) 1999-2012 ruriko. All rights reserved