生理日110番
--生理日調整の方法--
ピルとのつきあい方HOME

ピルを用いて、生理日を早めたり遅らせたりする生理日調整ができます。
このページでは生理日調整の方法について解説します。

月経や消退出血の仕組みを知ろう
月経の仕組みを理解しよう
緊急避妊後の出血(消退出血)
ピルユーザーの消退出血
ピルユーザーの不正出血




昭和のピル物語
−薬局で売られていた超低用量ピルの話−


身近な存在だったピル
ピルと知らずに飲まれていた薬
世界初の超低用量ピル
EP錠の思わぬ功名
EP錠が必要さとれた社会背景
EP錠その後
月経移動は「治療」か?
生理日調整する女性の復活
「妊娠したいなら勝手にどうぞ」
時計を逆回りさせる人たち
ピルの治療薬化をくい止めよう
rurikoの独り言

ピルユーザーが生理日を遅らせる生理日調整

なぜピルで生理日を遅らせることができるのか
生理日を遅らせるピルの服用例
何日まで遅らせることができるか
生理開始日の誤差
遅らせる生理日調整の失敗率
失敗率を低める方法
1相性ピルユーザーが失敗率を低める方法
トリキュラー、アンジュ、ラベルフィーユで失敗率を低める方法
オーソ777で失敗率を低める方法
シンフェーズで失敗率を低める方法
遅らせる生理日調整と避妊効果

ピルユーザーが生理日を早める生理日調整

なぜピルユーザーは生理日を早めることができるのか
生理日を早めるピルの服用例
何日まで早めることができるか
サンデーピル・サタデーピルに変更する方法
生理開始日の誤差
早める生理日調整の失敗率
失敗率を低める方法
早める生理日調整と避妊効果
飲み忘れ対応への応用は危険
ノンピルユーザーの生理日調整

ルナルナ超活用術
ピルを早めにもらっておきます
生理を早める調整の方法
生理を遅らせる調整の方法
生理周期が一定でない場合
余談「ノンピルユーザー」は和製英語














月経の仕組みを理解しよう

月経の仕組みについては、小学校・中学校・高校でそれぞれ教えることになっています。
小学校・中学校では子宮の変化に即して月経を説明し、
高校ではホルモンの作用として月経を説明するようです。
しかし、学校で教える月経の仕組みは、
必ずしも日本の女性の間に定着しているとは言えません。
月経の仕組みについて説明してもらうと、
中学校の内容で答える女性がほとんどです。
高校の内容は性周期(月経)の説明と言うよりも、
基礎体温の話としてとらえられることがあるのかもしれません。
あるいは、実感として理解しにくい教え方になっているのかもしれません。
そこで、月経の仕組みについて、
視点を変えて復習してみましょう。

まず、排卵直前の子宮についてです。
子宮内膜はそれなりに厚くなっています。
黄体ホルモンの分泌はわずかです。
しかし、出血は起きません。
増殖期と呼ばれる排卵前の子宮内膜は、
黄体ホルモンの「支え」がなくても出血を起こしません。



排卵後は黄体が分泌されるようになります。
下の図で黄色く示しています。
黄体が分泌されると、
子宮内膜の状態は変化します(分泌期)。
上の図と下の図で子宮内膜の色を少し変えています。
分泌期の子宮内膜は黄体ホルモンの「支え」がないと、
はく脱して出血します。





分泌期の子宮内膜は黄体ホルモンの「支え」がないと、
はく脱して出血しますので、
子宮内膜の成長以上に強力な黄体ホルモンの分泌が必要です。




黄体ホルモンの分泌がピークになるのは、月経の5日ほど前です。
下の図は、黄体ホルモンの分泌により出血が防がれている様子を示しています。



下の図は、月経直前の状態を示しています。
上の図と比べて、黄体ホルモンのレベルが下がってきています。
子宮内膜が厚くなることによる出血圧力と、
黄体ホルモンによる出血抑制力が均衡した状態が、
月経前日の状態です。



下の図は、月経初日の様子を示しています。
黄体ホルモンのレベルがさらに下がって、
子宮内膜を「支え」切れなくなり、
出血が始まります。



下の図は、月経2日目の様子です。
黄体ホルモンのレベルはさらに低下して、
出血量も増えています。



下の図は月経5日目の様子です。
子宮内膜のはく脱もほぼ終わり、
出血量も少なくなってきています。
同時に新たな内膜の形成も始まっています。
それを蛇口からの水滴で示しています。
その正体は卵胞から分泌される卵胞ホルモンです。



これで月経の仕組みの説明は、終わりです。
皆さんが学校で学んだ月経の仕組みの話と比べてわかりやすくありませんでしたか。
この説明は、カナダの女性の医師が考えた月経の説明です。彼女曰く、「プロフェッショナルの説明は言葉の説明ではだめなのよ。彼女たちが経験していることを説明するのが、私の仕事」と。
なぜか印象的な話で、記憶に残っています。

以上の話をもとに、ピルユーザーの生理(消退出血)について、次の項目で説明します。

このページ上へ


緊急避妊後の出血(消退出血)

上で月経の仕組みを説明しました。
この仕組みを知っていると、緊急避妊後の出血を理解しやすいでしょう。
緊急避妊後の出血パターンは複雑ですが、
ここでは単純に2つのパターンに分けて説明します。

排卵前の服用
まず、服用前の状態です。
下の図は、月経の仕組みの説明に用いたのと同じ図です。



下の図は緊急避妊薬服用による変化を示しています。
子宮内膜は緊急避妊薬に含まれる黄体ホルモンの作用で、
排卵後と同じ状態に変化しています。
また、黄体ホルモンが出血を抑止しています。
つまり、排卵後の状態と同じような状態となっています。



上の図の黄体ホルモンによる出血抑止力は、
時間とともに低下していきます。
そして、やがて子宮内膜を支えきれない程度になると、
出血が生じます。
下の図は、その様子を示しています。





排卵後の服用
まず、服用前の状態です。
下の図は、月経の仕組みの説明に用いたのと同じ図です。



下の図は緊急避妊薬服用による変化を示しています。
緊急避妊薬に含まれる黄体ホルモンが生体由来の黄体ホルモンにプラスされていますが、
他の変化はありません。
黄色が生体由来の黄体ホルモンを、
草色が緊急避妊薬の黄体ホルモンを示しています。



下の図は、緊急避妊薬に含まれる黄体ホルモンの影響が低下していく様子を示しています。
緊急避妊薬の影響は低下していきますが、
子宮内膜は成長しそれにつれて生体由来の黄体ホルモンが分泌され出血を抑止しています。



その後の経過は、通常の性周期と同じです。
生体由来の黄体ホルモンが子宮内膜を支えきれなくなると、
出血が生じます。
下の図がそれを示しています。
この出血は排卵期・黄体期を一応経過していますので、
消退出血ではなく月経と呼ぶ方がふさわしいものです。



以上、典型的な2つのパターンについて説明しました。
しかし、実際は様々な条件により、この2つに当てはまらない出血の仕方もあります。


このページ上へ

ピルユーザーの消退出血

ピルユーサーの生理(消退出血)を説明するために、
2つの画像を用意しました。
1つ目は、実薬最終日の様子です。



2つ目は出血初日の様子です。



ピルユーザーの子宮内膜は、服用初日から排卵後の子宮の状態(分泌期)と基本的に同じです。
つまり、黄体ホルモンの「支え」がないと出血を起こす状態にあります。上の図は21日目と書いていますが、実薬服用中はいつでも同じで、黄体ホルモンの出血抑止力で出血がないように支えられています。
休薬期間に入ると、黄体ホルモンの供給がストップします。出血抑止力が低下し、子宮内膜を支えられないレベルになると、出血が生じます。黄体ホルモンの力が弱くなることによって生じる出血なので、これを消退出血といいます。

定時出血

ピルユーザーでは、ふつう休薬期間の決まった日、安定してくると決まった時間に消退出血が始まります。
下の図は24日目に消退出血が始まるケースを示しています。



この図について少し説明します。
ピルは実薬服用中は出血がなく、休薬期間中に出血が起きるように作られています。
実薬服用中に出血のないように、ゆとりを持った設計をしています。
その「ゆとり」を図では「あそび」として示しています。
この「あそび」の程度は、同じ人が同じ種類のピルを同じ錠数飲んだ場合には、一定となります。
そして、この「あそび」分を下回るレベルに黄体ホルモンの作用が低下するのに要する時間も一定です。
そのために、定時に出血が見られるのです。

ピルの服用錠数と出血開始日

「あそび」の程度は、同じ人が同じ種類のピルを同じ錠数飲んだ場合には、一定となると書きました。
しかし、「あそび」の程度には個人差がありますし、
服用条件でも異なってきます。
一般に、実薬を22錠以上服用すると、
「あそび」は小さくなります。
生理を遅らせる服用の場合、実薬を22錠以上服用しますが、普段休薬3日目に始まる生理が休薬2日目に始まったりするのはそのためです。
生理を早めるために実薬服用14錠から20錠で休薬した場合、出血開始は普段よりやや遅れる傾向が見られますが、それほど顕著ではありません。
14錠未満の服用では「あそび」が小さい状態のことがあります。少しの飲み忘れで不正出血が生じるのは、そのためです。

ピルの用量・種類による出血開始日の相違
「あそび」の程度は、同じ種類のホルモン剤だと、
用量が多いほど大きくなります。
一般に、1相性ピルでは「あそび」が大きく、
2相性ピルや3相性ピルでは
「あそび」が小さい傾向があります。
3相性ピルのシンフェーズは、青(弱)白(強)(弱)の配列になっています。これは21錠服用時点の「あそび」を小さくして、休薬期間の早い時期に消退出血が来るようにしたものです。

ピルの服用年数による出血開始日の相違

同じ種類のピルを同じように飲んでいても、服用年月が長くなると出血が遅くなることがあります。これは子宮内膜が厚くならなくなって、そのために「あそび」が大きくなるためです。
逆に服用初期には、実薬服用中も「あそび」がマイナスになり、不正出血の起きることがあります。このことについては下で説明します。


このページ上へ


ピルユーザーの不正出血

生理が止まった/生理日を間違えて飲み始めた?

通常、ピルを初めて飲むとき生理初日に飲み始めます。
出血を確認して飲み始めたつもりだったのに、
出血が止まってしまった。
このようなご相談は少なくありません。
下の図をご覧ください。



左側は出血が始まった状態です。この状態でピルを服用するとき、
図右側のようになることがあります。
生体由来の黄体ホルモンにピルの黄体ホルモンがプラスされて、
出血圧力よりも出血抑止力の方が強い状態となっています。
このような状態では、出血が一時的に止まってしまいます。
しかし、多くの場合、生体由来の黄体ホルモンは急激に低下しますので、
再び出血が戻ってきます。

経血残りと不正出血

下の図はピル服用21日目の状態を示しています。
子宮内膜の高さは出血圧力を示しています。
それよりも出血抑止力の方が強いので、
出血は生じていません。



この関係はピル服用1日目も21日目も同じです。
違いはピル服用1日目では、出血圧力も出血抑止力もずっと小さいと言うことです。
1日目、2日目と日を重ねる毎に、出血圧力と出血抑止力
の両方がだんだん大きくなり、21目の状態となります。
さて、この出血圧力ですが、これは基本的にピルの成分によって作られます。ピルによって作られる出血圧力を抑止する黄体ホルモンが配合されているのがピルです。
そこで問題になるのが、ピルを飲み始めたときの経血が普段より少ないケースです。
このようなケースの場合、ピルが想定している出血圧力よりも大きな出血圧力が生じます。
それが不正出血となって現れることがあります。


経血残りによる不正出血の回避法

中用量ピルでは、通常生理5日目に服用を開始します。
下の図は生理5日目の状態を示しています。



生理5日目には子宮内膜のはく脱がほぼ終了しています。
この時点から服用を開始するとし、経血残りによる不正出血を回避することができます。
これは出血抑止力の強い中用量ピルに適した服用法ですが、
一部の低用量ピルでもこの方法を取ることができます。


経血残りによる不正出血の回避法

中用量ピルでは、通常生理5日目に服用を開始します。
下の図は生理5日目の状態を示しています。



生理5日目には子宮内膜のはく脱がほぼ終了しています。
この時点から服用を開始するとし、経血残りによる不正出血を回避することができます。
これは出血抑止力の強い中用量ピルに適した服用法ですが、
一部の低用量ピルでもこの方法を取ることができます。

低用量ピルはバランスが微妙

上記の服用法を取っても、低用量ピルでは一定頻度で不正出血が見られます。低用量ピルのフレッシュユーザーもベテランユーザーも、出血抑止力は同じように作用します。ところが、フレッシュユーザーではベテランユーザーよりも出血圧力が高くなる傾向があります。これは主として卵胞ホルモンの分泌レベルの高さと関係しています。数シート服用していく内に、出血圧力と抑止力は均衡するようになります。


このページ上へ


スポンサー


このページ上へ





ピルとのつきあい方BBS












小さなつぶやき、大きな一歩

   



このHPの著作権はrurikoにあります。無断転載及び画像の使用は禁止します。
Copyright(C) 1999-2012 ruriko. All rights reserved